みやん流 囲碁ブログ
みやん流の囲碁について、日記、定石研究などを書いていきます。
大高目・・小目に入られた場合3
大高目に小目に入られた変化の続編です(^^/

前回は、以下の局面まで紹介しましたので、
この続きの変化を書いていきます

大高目_小目入り14

まずは簡明なAの変化を紹介します。

大高目_小目入り15

白は上辺を突き抜けて、その代わり黒は右上隅を
陣地にする分かれです。
黒としては、隅が黒地となるので特に不満はなさそう。

この変化で白も打てるとみやんは思いますが、
隅の地を黒に渡すのが不満とみれば、白は
別の変化を選びます。

大高目_小目入り16

それがこの一間トビ!

白は隅の黒石との攻め合いを狙いますが、
ここから難解な変化に突入します

黒にとってはこの変化になるのを待っているところもあるので、
白の立場としてはあまりオススメはしません(>_<)

大高目_小目入り17

次に黒は、Q15に伸びるのが分かりやすく、オススメです。

ちなみにAが最強ですが、黒、白ともにお互いの手が
とても難解で間違えやすいので今回は紹介しません。
(ちなみに、みやんはこのAの変化が得意技だったりします
 要望があれば、別の機会に紹介するかも。。)

このあと、白は隅の黒を取りにいきます。

大高目_小目入り18

白1から白5まで、隅の黒石との攻め合いは白が
勝っており、白が成功しているようにみえます。

。。ですが、AとBの締め付けが利くので、黒はとても厚いのです!

大高目_小目入り19

すぐには打ちませんが、黒1、黒3と一線まですべて
利くと、右辺に向けて黒はとても強く打てます!

この分かれは、定石では互角とされてはいますが、
みやんが実戦で打った感触からすると、
黒が少し打ちやすいと思います。

以上から、大高目に小目に入られても、三々に
ツケる強手で存分に打てることが分かったと思います。

大高目_小目入り2
☆Aが相手の妥協手
★Bが頑張った手ですが黒が切り違えて、有利な戦い

次回は大高目に別の場所に入られたときの変化も
少し紹介します。

ブログランキング始めました。いつも応援ありがとうございます。
以下をクリックすると、ランキングが上がる仕組みになってます


人気ブログランキングへ

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://acmiyan.blog78.fc2.com/tb.php/45-14682133
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター



プロフィール

ACみやん

Author:ACみやん
みやんです。
大学2年のときに囲碁を始めて10年くらいです。今はすっかり囲碁にはまっています。棋力は「幽玄の間」七段、碁会所では六段~七段前後です。
大会にも積極的に出ているので、その結果もブログに書きたいと思います。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する