みやん流 囲碁ブログ
みやん流の囲碁について、日記、定石研究などを書いていきます。
大高目・・小目に入られた場合1
今回は、大高目の構えに小目に入ってこられたときの
打ち方を紹介していきます。

大高目_小目入り1

順番を変えてみると、小目に二間高ガカリして手を抜かれた場面と同じです(^^/
この形では黒から、、

大高目_小目入り2


三々にツケていくのが強手!!
ここで白はAで妥協するか、Bで強気に戦うかの選択になります。

まずは、Aと打つと、、

大高目_小目入り3

上記のような流れになりますが、白が妥協した形で黒が少し有利

でも、白の立場で難解な変化に自信がなければ、安全策として
上記の変化を選ぶのをおすすめします。(^^/
数目程度の差ですので、難解な変化に突入してツブれるよりは
少し我慢して長期戦にするのもあると思います。

大高目_小目入り4

1と白が強気にハネてきたら、黒は2と切り違いを打ちましょう!
ここで難解な変化に持ち込んでいきます。

まずは、白にとって簡明な変化を紹介します。

大高目_小目入り5

白1からアテを打って、白5、白7と隅の黒石を取る変化です。

黒は隅の石が取られてしまいますが、捨石にして外勢を
気づいていきます!

大高目_小目入り6

変化の一例で、黒が外勢をとり、白が実利をとる分かれになり
これはみやん的にはほぼ互角と思います。

白の立場としては、上記変化は分かりやすく、みやんのオススメです!

ただ、もっと白は頑張る手もあり、そうなると難解な戦いに突入です。

大高目_小目入り7

白1と単に下がるのが頑張った手です。
黒は2と打って戦いにいきますが、、ここで白から好手があります

次回はこの難解型の変化を少し紹介していきます(^^/


ブログランキング始めました。いつも応援ありがとうございます。
以下をクリックすると、ランキングが上がる仕組みになってます


人気ブログランキングへ
コメント

こんばんは。
簡明な変化があって、ほっとしてます。^^。

むずかしい変化の方は。。。
白の手、パッと見イタチの腹ヅケが手筋っぽいですが、前回外しているので。。。
(コメントしようか、朝悩みました。笑)

次回がすごく楽しみです。(*^^*)
[2014/03/22 21:09] URL | himari #pnTEdVp. [ 編集 ]


himariさん、コメントありがとうございます。

白の手の予想、さすが鋭いですね(^^)/
大高目を打つなら、相手が難解な変化を選んでくるかもしれないので、難解な変化にも対応していく必要があります(ノ_<。)

とはいえ、実は大高目使いは、その複雑な変化はむしろ大歓迎だったり(*^^*)

次回を楽しみにしててください。
[2014/03/23 00:18] URL | みやん #qCH9TXjI [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://acmiyan.blog78.fc2.com/tb.php/43-1d42a584
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター



プロフィール

ACみやん

Author:ACみやん
みやんです。
大学2年のときに囲碁を始めて10年くらいです。今はすっかり囲碁にはまっています。棋力は「幽玄の間」七段、碁会所では六段~七段前後です。
大会にも積極的に出ているので、その結果もブログに書きたいと思います。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する