みやん流 囲碁ブログ
みやん流の囲碁について、日記、定石研究などを書いていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みやん式高中国流 打ち碁検討その1
みやんです。

ちょっと載せるのが遅れちゃいましたが、今回は1月の幻石会での
対局で負けてしまった碁を検討したいと思います。

この碁は序盤がポイントなので、序盤から解説します。
みやんの黒番で、定先の手合いです(^^/

20140201_局面1

みやんの得意布石の一つ。高中国流でいきました。
他に三連星も得意で、黒番なら模様を張るのが大好きです(^^/

ちなみに低い中国流もありますが、模様を張ることを考えると
石が高いほうがよい気がしています。

次の一手がみやん流!よい手かどうかは別にして( ̄▽ ̄;

20140201_局面2

星から一間にシマりました。


これは右辺で戦いが起きたときに、有利にしようという考えで打ってます。

仮に、右上の構えに白がツケて入っていくと、

20140201_局面3

上のような流れが考えられますが、これなら低い中国流のAの位置よりも
高い中国流の△のほうがよい位置にいます。

これが、みやん式高中国流の作戦です。

もちろん右辺には他の入り方もいろいろありますが、一間にかまえた右辺に
入ってくれば厳しく攻めることができます。

ただし、この1間構えは、序盤から打つと足が遅いのが欠点です。
実戦は、この後左辺に三連星をひかれました。

20140201_局面4

スピードでは白のほうが有利で、模様の張り合いだと白が広くなりそう。

これが嫌なら、黒は一間構えする手で、もちろん左辺に入つ手もあり
難しいところです。

そのあと黒2と左上にカカり、白3に上にコスまれました。(いい手!)
次の一手が、みやんの反省の手でした。

続きは次回に(^^/

ブログランキング始めました。
以下をクリックして応援してもらえると、ランキングが上がります!


人気ブログランキングへ




コメント

こんにちは。(*^_^*)

私は模様の碁が好きなのですが、苦手です。
中国流の勝率は極端に低くて、避けてます。

以前に書籍(「中国流布石だけで勝つ方法」 小松英樹 マイコミ)で「中国流は4対1での攻めが基本」と書かれていて、何局が試したのですが、、攻めが下手なのか勝てなくて。。
以来、ほとんど打たなくなりました。

大きく開くのではなくて一間にシマり!
攻めが下手なのはしょうがないけど、試してみようという気になりました。(^.^)


ありがとうございます。
[2014/02/01 15:34] URL | himari #pnTEdVp. [ 編集 ]

コメントありがとうございます
ひまりさん、こんにちは。

模様の碁は打ってて楽しいのですが、確かに難しいですね(^^;
模様は好きなのですが、安定して勝てるかというと難しいところ。。

1間にシマリはたぶん、本で出てこないと思いますが
高中国流との相性はとてもいいですよ。

試しに使ってみて下さい(^^/
[2014/02/03 00:24] URL | みやん #qCH9TXjI [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://acmiyan.blog78.fc2.com/tb.php/24-dbcc71ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター



プロフィール

ACみやん

Author:ACみやん
みやんです。
大学2年のときに囲碁を始めて10年くらいです。今はすっかり囲碁にはまっています。棋力は「幽玄の間」七段、碁会所では六段~七段前後です。
大会にも積極的に出ているので、その結果もブログに書きたいと思います。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。