みやん流 囲碁ブログ
みやん流の囲碁について、日記、定石研究などを書いていきます。
2016年ジャンボ囲碁大会 ハイライト紹介5 (vs 清楽会)
前回からのジャンボ囲碁大会の最後の解説です。

<みやん vs 清楽会主将(元日本アマ囲碁最強位)> (みやん:白番)
黒1の勝負手に対して、中央白が無事に連絡できるかどうかの場面でした。

◆失敗図
20161226_ブログ1

黒1で単純に白2と受けてしまうと失敗です。
なぜ失敗かというと。。

20161226_ブログ2

黒1と割り込んできたときに、白が困ります。
さきほどの△の黒石が働いて、中の黒石を取ることが
できなくなってます。ちょうどカケツギですね。

◇実戦進行図
20161226_ブログ3

実戦は、白1と打ちました。
黒2と交換してから白3とつながれば、Aからの切断はできず、
無事中央の白一団がつながりました!

ちなみに白3と愚形につながったのは、理由があります。

◆最後の罠にはまった図
20161226_ブログ4

仮に△とフクらんで好形に白がつながった場合です。
隙があるので、すかさず黒1からデギリがきます。
白5で黒2子は取れそうなのですが。。

20161226_ブログ5

黒1の放り込みが強手!
黒3と打つと△に白入れず、中央の白一団が切り離されてしまいました。

これでは最後の罠にはまってしまいました(。゚(゚´Д`゚)゚。
最後まで注意が必要です。

◇実戦の最終図
そして、最後は以下の局面で相手が投了しました。

20161226_ブログ6

黒△の種石を取っては、さすがに白勝勢。
私相手でも逆転は無理でしょう。

対局している間はアマタイトルクラスと知らず、後で聞いてびっくり。
今までの中で一番の大金星となりましたが、運がよかったです。

たとえアマトップクラスでも、短い持ち時間の碁では、
緩着や悪手はどこかで出るもの
だと感じました。
(私ももちろん悪手なしで打ち切るのは無理。。)

その緩手のチャンスを逃さなければ、私レベルでも戦うことができると
わかったのは自信になりました。

今年のジャンボ囲碁大会はできすぎでしたが、、来年もよい結果と
なるよう頑張ります!(*・`ω´・)ゞ

ブログランキングやっています。
クリックして応援してもらえると励みになります。

人気ブログランキングへ
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://acmiyan.blog78.fc2.com/tb.php/101-1ef88758
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カウンター



プロフィール

ACみやん

Author:ACみやん
みやんです。
大学2年のときに囲碁を始めて10年くらいです。今はすっかり囲碁にはまっています。棋力は「幽玄の間」七段、碁会所では六段~七段前後です。
大会にも積極的に出ているので、その結果もブログに書きたいと思います。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する