みやん流 囲碁ブログ
みやん流の囲碁について、日記、定石研究などを書いていきます。
樹林 忘年囲碁大会に参加!
みやんです。
年末の12/23に樹林に初めて行ってきました!
ホームページ http://jurincafe.jp/

樹林で、12/23に忘年囲碁大会をやっていて、私も参加(^∇^)ノ

はじめ六段で申請してましたが、私を知る囲碁友達もこの大会に
来ていて、「八段」に訂正されました(゚△゚;ノ)ノ

段位の基準が碁会所によってバラつきが大きく、何か基準が
できるといいですね。。初めて段位を名乗るときが難しい。
一般的な碁会所では自分は六~七段になるでしょうか。

特に六段が曲者で、同じ六段で名乗っていても、県代表クラスの六段とは
五子くらいの差があることも。。(いやほんとに。。)

■一局目 初段と七子置き碁
他の碁会で打ったことがあり、安定的に打てる強い方です。
途中まで大きくは崩れず、苦しい状況に。。

でもくじけず、罠をはったり、あちこちでコウで粘るなど
手段を選ばずに頑張りぬきました。(ひどい上手。。)
最後は1目勝ちでした。

■二局目 七段と定先
序盤のシチョウの攻防で優位に立ち、そのまま押し切りました。
中押し勝ち。

■三局目 七段と定先
序盤が独創的な方でした。
隅に打たず、中央に北斗七星(??)のようにパラパラと打っていきます。

こういうときは、こちらも隅にこだわらず、中央の勢力をぼかすように
打っていきます。途中から相手が無理気味な手が出てきたところで
戦いに優位にたち、最後は大石を仕留めて中押し勝ち!

■四局目 七段と定先
三局連続で七段との対局。前に何度も打ったことがあります。

定先では負けたことがありませんが、それほど差があるわけ
ではありません。油断できない相手です。
(ちなみに私を八段にしたのはこの方^^;)

いきなり序盤で相手が仕掛けてきました。

20161228_ブログ1

この仕掛けには、下ハネから打てば白もやれると思っています。
逆の立場では自分が嫌な展開です。

20161228_ブログ2

今回はこの変化で打っていき、この戦いで優位にたちました。
そのまま押し切り、中押し勝ち。

最後には樹林の中で、おいしい料理が出てきました。
みんなで食べて、ビールも飲んで、満足満足♪
樹林では、碁を打てるだけじゃなく、食事も楽しめます。

主催してくれた樹林のオーナーの方、どうもありがとうございました。

ちなみに四連勝で優勝し、次は「九段」と言われました。
え。。今日の七段の人に二子で勝てる感じはなかったぞ。。
次回はぼこぼこにされそうですね。また相手してください。。(。>ω<。)ノ

ブログランキングやっています。
クリックして応援してもらえると励みになります。

人気ブログランキングへ
いずみ団体戦の対局反省
みやんです。
今回は、11月に参加した、いずみ囲碁ジャパンの社会人団体戦の
対局を振り返ってみます。

いずみ団体戦は、一番上のAクラスで出場。
私は真ん中の副将でした。
主将には元アマタイトルの強者を立てました(*ノ∪`*)

「初台48」チーム(優勝チーム!)との対局を、紹介したいと思います。

<みやん vs 初台48チーム副将> (みやん:黒番)

20161226_いずみブログ1

白が下辺の黒に対して、上から利かしに来た局面です。
さて、ここで黒は受けるべきか!?

◆実戦進行(失敗図)
20161226_いずみブログ2

実戦は受けてしまいましたが、これは失敗。
白3と中央に先に飛ばれてしまい、チャンスを逃しました。

受けても、のちにAからの狙いが残ります。

◆下辺の後の狙い
20161226_いずみブログ3

白1からハネ出して、白3からアテる狙いです。
白7まで下辺白を強化することができます。

こんな狙いが残るのでは、黒受けても得していません。。

実戦はこの後、この下辺の狙いを決行されて、
じりじりと差を広げられ、、完敗でした。(強かった!!)

◇反撃する!
20161226_いずみブログ4

さて冒頭の場面に戻って、、
中央の争点に黒がケイマすべきでした。
これなら下辺に打った白を咎めることができています。

下辺の△の黒に対して、白が無理やりわたりを遮っても、取り切るには難しい場所にあります。
実は手を抜いたほうが白困っていました。

この一局では、相手が緩手を打ったのにチャンスを生かすことができませんでした。

相手が利かしにきたときがチャンス!
対局時間も短いので、軽い気持ちで利かしにきていることもあります。

受ける前に、本当に受けるべきなのか、、一度考えることが大事ですね。

ブログランキングやっています。
クリックして応援してもらえると励みになります。

人気ブログランキングへ
2016年ジャンボ囲碁大会 ハイライト紹介5 (vs 清楽会)
前回からのジャンボ囲碁大会の最後の解説です。

<みやん vs 清楽会主将(元日本アマ囲碁最強位)> (みやん:白番)
黒1の勝負手に対して、中央白が無事に連絡できるかどうかの場面でした。

◆失敗図
20161226_ブログ1

黒1で単純に白2と受けてしまうと失敗です。
なぜ失敗かというと。。

20161226_ブログ2

黒1と割り込んできたときに、白が困ります。
さきほどの△の黒石が働いて、中の黒石を取ることが
できなくなってます。ちょうどカケツギですね。

◇実戦進行図
20161226_ブログ3

実戦は、白1と打ちました。
黒2と交換してから白3とつながれば、Aからの切断はできず、
無事中央の白一団がつながりました!

ちなみに白3と愚形につながったのは、理由があります。

◆最後の罠にはまった図
20161226_ブログ4

仮に△とフクらんで好形に白がつながった場合です。
隙があるので、すかさず黒1からデギリがきます。
白5で黒2子は取れそうなのですが。。

20161226_ブログ5

黒1の放り込みが強手!
黒3と打つと△に白入れず、中央の白一団が切り離されてしまいました。

これでは最後の罠にはまってしまいました(。゚(゚´Д`゚)゚。
最後まで注意が必要です。

◇実戦の最終図
そして、最後は以下の局面で相手が投了しました。

20161226_ブログ6

黒△の種石を取っては、さすがに白勝勢。
私相手でも逆転は無理でしょう。

対局している間はアマタイトルクラスと知らず、後で聞いてびっくり。
今までの中で一番の大金星となりましたが、運がよかったです。

たとえアマトップクラスでも、短い持ち時間の碁では、
緩着や悪手はどこかで出るもの
だと感じました。
(私ももちろん悪手なしで打ち切るのは無理。。)

その緩手のチャンスを逃さなければ、私レベルでも戦うことができると
わかったのは自信になりました。

今年のジャンボ囲碁大会はできすぎでしたが、、来年もよい結果と
なるよう頑張ります!(*・`ω´・)ゞ

ブログランキングやっています。
クリックして応援してもらえると励みになります。

人気ブログランキングへ
2016年ジャンボ囲碁大会 ハイライト紹介4 (vs 清楽会)
ちょっと更新遅れましたが、
前回のジャンボ囲碁大会の対局紹介の続きです。

<みやん vs 清楽会主将(元日本アマ囲碁最強位)> (みやん:白番)

前回の黒の勝負手からの続きです!
さぁ、黒△に対して白がどうやってしのぐか( ̄_ ̄;

20161222_ブログ1

まず白1は打っておきたいです。
黒2となるので、この後がポイント!

◆失敗図
20161222_ブログ2

さらに白1と押してしまうと、黒の術中にはまります。
黒2の地点に黒石を打たせてしまうと後で困るのです。

白5で一見大丈夫そうにも見えますが、、、

20161222_ブログ3

黒にコスミを先に打たれて、白が困ります。
AとBの切断が見合いですね。これは逆転で白投了です(´;ω;`)

◇実戦続き
20161222_ブログ4

ということで実戦はここで白1と曲がりました。
黒2と最後の勝負手です!

単純に受けるとどうなってしまうのか?
そして黒の思惑を外してしのぐにはどうするか?

考えてみてください。

次回がこの対局の最後の紹介になります。

ブログランキングやっています。
クリックして応援してもらえると励みになります。

人気ブログランキングへ
2016年ジャンボ囲碁大会 ハイライト紹介3 (vs 清楽会)
前回に引き続き、ジャンボ囲碁大会の対局のハイライトを紹介します。

<みやん vs 清楽会主将(元日本アマ囲碁最強位)> (みやん:白番)
白が4子を助けた場面ですが、、

20161211_ブログ5-1

黒2とケイマで中央白にプレッシャーをかけてきました。
一見、白が危なそうにも見えますが。。。

20161211_ブログ5-2

周囲の黒が薄いのでむしろ反撃です。
白1からツケて策動して、白7の切りに回りました!
黒△の一団が苦しくなり、ここで白よくなったと思いました。

さて、しばらく手が進んで。。

20161211_ブログ6

白の打ち方が少し甘く、、黒が盛り返してきました。

黒1と曲げてきましたが、手抜きで白2と打ちました。
中央に大した手はないとみての手ですが、、
黒3がヨミにない際どい手( ̄△ ̄;

ここで最後の読みあいになり、ハイライト第二段!
白はどうすれば中央の一団が切られずに済むでしょう?
簡単に考えると落とし穴にはまります。

ブログランキングやっています。
クリックして応援してもらえると励みになります。

人気ブログランキングへ
2016年ジャンボ囲碁大会 ハイライト紹介2 (vs 清楽会)
前回のジャンボ囲碁大会の対局紹介の続きです。

<みやん vs 清楽会主将(元日本アマ囲碁最強位)> (みやん:白番)

みやんの白がハネ出しした場面です。
20161211_ブログ1

仮に黒2と切られた場合にどうするか?
一番直線的な手なので、必ず考えておく必要があります。

20161211_ブログ2

その場合は、白4子を捨石にするつもりでした。

白4子を取る間に締め付けが利いて、
上辺から中央に出ていた白が外回りに厚くなります!

先手で、中央にケイマして、のちにAの狙いもあるので、少し白が面白い局面かもしれません。

とはいえ白優勢というほどではないので、結果的には黒はこの妥協策を選択して、
長期戦にすべきだったかもしれません。

20161211_ブログ3

もし黒△と白4子のダメを詰めていれば、同じように白がハネだしして締め付け
しようとしても、黒4と一つ出る余裕があります。

これだとA、Bの二つの傷があるので白の外勢は弱く、白4子取った黒がはっきり良しです。
ダメ1つが大きなところでした。

20161211_ブログ4

白ハネ出しに対し、実戦で相手が打ったのは、黒ノビでした!

おそらく前図のダメを詰めておいた場合との比較を
考えると、締め付けされることに耐えられなかった
のでしょう。

とはいえ、愚形でも白2に継いで白4子を救出させることができました。
これで黒△、黒□の一団が弱くなり、中央の力関係は白が五分以上です!
序盤の劣勢を揺り戻すことができました(^^/

続きは次回に!

ブログランキングやっています。
クリックして応援してもらえると励みになります。

人気ブログランキングへ
2016年ジャンボ囲碁大会 ハイライト紹介1 (vs 清楽会)
前回のジャンボ囲碁大会の対局紹介の続きです。

<みやん vs 清楽会主将(元日本アマ囲碁最強位)> (みやん:白番)

動き出した中央の黒に対して白がどう打つかの局面です!
20161204_ブログ4(失敗)

まずは、△の黒2子に対してハネる手が思い浮かびます。
ハネは気持ちいいのですが、空き三角で逃げられるとこの黒3子は
取る手はありません。
さばくとしても、、いい石の流れが思いつきませんでした。

そこで、実戦はなんと。。。

20161204_ブログ4

黒2子の頭をハネずに、中央にケイマしました。
そして黒のハネの手も無視して、中央に再度一間トビ!

ただ、白3の一間トビはさすがにやりすぎだったかも。
Aに一間トビして中央の形を整えるのが本手かもしれません。

20161204_ブログ5

当然黒は1から中央白の形を崩しに行きます。
みやんの思惑は、黒3とノゾキを打ってもらって白を厚くさせること
ではあったのですが、、中央白が苦しくなってはダメでしょう。。

でも黒はここで緩手がついに出ます。
黒5はダメを詰めておらず、中央白4子への当たりが弱い。

黒Aとダメを詰めていれば、白4子は取られておりほぼ黒勝ちでした。
実戦では、のちに白4子が策動する余地が残ります。

20161204_ブログ6

白1で中央に応援を送り、黒2と連絡を強要するのが気持ちいい。
中央に白がケイマした時からの構想でした。

そして、、白3とついに中央を動きます!
ここから形勢が白に傾いていきます。一手の黒△の緩みで、ここまで大きな違いに。。

Aと切られたらどうするつもりなのか、考えてみてください。

ブログランキングやっています。
クリックして応援してもらえると励みになります。

人気ブログランキングへ

2016年ジャンボ囲碁大会報告
みやんです。こんばんは。

今年の大会報告第一弾!ジャンボ囲碁大会(月組)です。
2/28の大会なので、かなり遅れた報告になりましたm(_ _)m

去年に引き続き、石音メンバで乱石会チームとして出場しました。
実力不相応ながら、、15人チームの中で主将として出場させて
いただきました。

結果は。。。。

1回戦 対goxy花組       15-0 (みやん勝ち)
2回戦 対ごせんりーぐ     1-14 (みやん勝ち)
3回戦 対清楽会W        2-13 (みやん勝ち)
4回戦 対ヒカ碁倶楽部(ヒカル) 11-4 (みやん勝ち)


チームは2勝2敗。
個人では、、なんと奇跡が起きて4戦全勝しました!!

特に3回戦は、アマタイトルを何度も制しているアマトップクラスの
実力者に、、勝ってしまいました。(゚△゚;ノ)ノ

対局中はそんな強い人とは知らずに堂々と打ちたいように
打ったので逆によかったのかもしれません。。

その対局の中で2つのハイライトシーンをご紹介します。

<みやん vs 清楽会主将(元日本アマ囲碁最強位)> (みやん:白番)

みやんが白番です。
自分はコミ6目半なら、実は白番のほうが好きだったりします^^;

ここまでは白が右辺で低い位に押し付けられてしまい、
少し黒のほうがよさそうです。

20161204_ブログ1

白の急所をついてきました。
素直に継ぐと空き三角で形が崩れるので、Aのツケから
頑張って受けていきます。

20161204_ブログ3-2

その後しばらくして、この局面になりました。
白1でAのキリを防ぎ、黒は2と動いて真ん中の白石の一団を
狙っています!

ここからが本局のハイライト第一弾。
いい手かどうかはともかく( ̄▽ ̄;
みやんの次の手から、局面が大きく動いていきます。

続きは次回に(^^/

ブログランキングやっています。
クリックして応援してもらえると励みになります。


人気ブログランキングへ



カウンター



プロフィール

ACみやん

Author:ACみやん
みやんです。
大学2年のときに囲碁を始めて10年くらいです。今はすっかり囲碁にはまっています。棋力は「幽玄の間」七段、碁会所では六段~七段前後です。
大会にも積極的に出ているので、その結果もブログに書きたいと思います。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する