みやん流 囲碁ブログ
みやん流の囲碁について、日記、定石研究などを書いていきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

多岐技会(8月)の対局を紹介 その3
引き続き、多岐技会(8月)の対局の検討を載せていきます

△と白に切られた局面です。
対局相手と検討した結果、以下の変化がよかったようです。

20140823_多岐技会8

黒1とハネて、黒3とアテます!
実戦のようにF4に継がれると、黒が苦しくなるので
そこを打たせないという発想です(^^/

20140823_多岐技会9

白1と伸びたら、このタイミングで黒2と継ぎます。
キリが気になりますが、、

20140823_多岐技会10

白1と切ると、黒からAとBが見合いで白が困ってます(^^;
なので白は、、

20140823_多岐技会11

白1と下からアテるしかありません。
黒2と継いだあと、白3と守る変化になりそうです。

このあと、いろいろ変化が考えられそうですが
まずは簡明な分かれから紹介します

20140823_多岐技会12

外から黒1とおさえる変化です。

白は黒4子を取りにいくことができますが、、
白6までとなると黒の外勢が圧倒的!
先手なら黒が打ちやすそうです。

他にもう少し頑張る変化も考えてみました。

20140823_多岐技会13

隅から黒1とハネる変化。
白2と打たれたときに、黒3と強気にはねます!
キリが気になりますが、、

20140823_多岐技会14

黒2から黒4と下がられると、、なんと白はダメ詰まりです( ̄△ ̄;
白Aからのシチョウは黒よしなので、これは白つぶれ。。

なので、、

20140823_多岐技会15

白1と戻るしかなく、黒2のツギに回れます。
白3と眼を持っても、黒Aからのコウが残っており
隅の黒は意外としぶとい形です。

隅は白のほうが嫌な状態でしょう。
これも黒が十分打てそうです


強い人と打って、初めて打たれた変化でしたが、
いろいろ検討できて勉強になりました(^^/

難しい変化ですが、ブログを見ている方にも
少しでも参考になったらうれしいです♪
(他にこのほうがもっといいんじゃ?という意見があれば大歓迎です)

ブログランキング始めました。いつも応援ありがとうございます。
以下をクリックすると、ランキングが上がる仕組みになってます


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
多岐技会(8月)の対局を紹介 その2
前回の多岐技会の対局について、実戦の続きを紹介していきます

左下隅の三々からの変化で、切られたところです。
次の手を考えてみます

20140823_多岐技会4

まずF4からのシチョウは、ダメが詰まってるので
成立していません。
それでも、単純に外からあてていくと、、

20140823_多岐技会5

上図のような変化が考えられますが、さすがに
左下隅の白地が大きい(>_<)
Aのキリも残ってます。。
(逆にAに継ぐと、白9のキリが大きすぎる。。)

これでも3子局ならまだ打てそうですが、
実戦はもう少し頑張ってみることにしました!

20140823_多岐技会6

黒1から隅をハネ継ぎました。

今度こそ、F4からのシチョウが成立するので、
白4からアテる調子で白6と守ってきました。

これでも黒7から戦えそうと思っていたのですが、、、

20140823_多岐技会7   
手順は長いですが、実戦は上の進行になりました。

左下隅の白は取れましたが、、白の外勢が圧倒的!
△の黒もひどい状態に。。

左下隅の黒地は30目程度あり大きいのですが、、
さすがに黒が悪いと思います。。

さて、では冒頭の局面でどう打てばよかったのか。。
検討で相手の方に示してくれた変化を次回紹介します(^^/

ブログランキング始めました。いつも応援ありがとうございます。
以下をクリックすると、ランキングが上がる仕組みになってます


人気ブログランキングへ
多岐技会(8月)の対局を紹介 その1
今回は、めちゃめちゃレベルの高い碁会として知られている
多岐技会での対局を紹介します(^^/

多岐技会は、元アマ本因坊の方をはじめ、県代表クラスに近い
人がたくさんいるという恐ろしい会です(^^;

通常の段位とは違い、この中で一番強い人が初段となり、
コミ3目分で1級差のランクとなっています。
自分は今14級で、初段とは3~4子くらい差が離れてます。。

8月の多岐技会で初段の方と打ったので、その1局を紹介します。

3子局:みやん黒番
20140823_多岐技会1

白が二間高カカリしてきました。
ただ受けるのは甘いと思い、実戦は反発しました!

20140823_多岐技会2

白は二間で両カカリしてきたので、黒3と白を分断しにいきました。
この後は、

20140823_多岐技会3

白は三々に入ってきて、黒4とハネたとき
白は切ってきました!
一応切られることも考えてましたが、なかなか難しい

この後、黒はどう打てばよいのでしょう。。?
実戦はつらいことになってしまいました。。

ブログランキング始めました。いつも応援ありがとうございます。
以下をクリックすると、ランキングが上がる仕組みになってます


人気ブログランキングへ

官子譜の問題の答え(その2)「長生!」 
答えの続きを載せます!
前回は白が放りこんできた局面まででした。

20140816_官子譜答3_r2

次の黒の一手はなんと。。。

20140817_官子譜答4

!!
わざわざ取られにいくので、気づきにくいですが
粘りの手です!

20140817_官子譜答5

黒2子が取られても、黒も白2子を取り返せます。

20140817_官子譜答6  

黒が白2子をとると、白2と放り込みがきて、、
冒頭と同じ局面になってます。

白がこのあと、あくまで黒を取りに行くと
いつまでも同じ局面が繰り返します。
これはいわゆる「長生」という形です。

実戦でこの形が出てきて、双方ゆずらなければ
決着がつかないので引き分けになります

めったに実戦では出ることはありませんが、
いつまでも死なない、ということで「長生」は
縁起のよい形と言われています(^^/


ブログランキング始めました。いつも応援ありがとうございます。
以下をクリックすると、ランキングが上がる仕組みになってます


人気ブログランキングへ


官子譜からの問題の答え(その1)
みやんです(^^/
前回、官子譜から出題した問題の答えを載せます

まずは中手を目指して、中から動いていきます!

20140816_官子譜答1

ここで、D19と黒が打ってきたら、、

20140816_官子譜答2


白2と眼を持ちます。

黒が白を取りにいこうとすると、△の地点に打たなければならず、
眼あり眼なしで黒が攻め合い負けです

なので、黒はD16に打つしかありません。

20140816_官子譜答3

白2と放り込みます!
よく見るとダメ詰まりで、黒はAに入れません。

これで黒が5目中手で死んでいそうなのですが、、
なんとまだ黒は粘る手があります!

この答えの続きは次回に載せます(^^/
ヒントは、「長〇」。非常に珍しい形になります。

ブログランキング始めました。いつも応援ありがとうございます。
以下をクリックすると、ランキングが上がる仕組みになってます


人気ブログランキングへ
KGS 5dに昇段しました!
みやんは、ネット碁はKGSをよく利用しています。
(IDはACmiyanで打ってます。)

本日、うれしいことについにランクが5dに昇段!しました
5dになりたてなので、すぐ落ちる可能性もありますが( ̄▽ ̄;

最近勝った碁は、半目勝ち、1目半勝ちが多く
危ない対局ばかりで、運もありました(笑)

去年の年末から、官子譜を継続してやっていたのも
効果が少しあったのかな
上巻、中巻の問題まではやっていて、残りは下巻です(^^;

最後に、官子譜から面白い問題を出題します(^^/

(白先)
20140809_官子譜

簡単に黒が死んでしまうようであれば、
読みの突っ込みが不足していそうです。
最後は面白い形になります

ブログランキング始めました。いつも応援ありがとうございます。
以下をクリックすると、ランキングが上がる仕組みになってます


人気ブログランキングへ
大高目への入り方(外側からのカカリ編)
みやんです。
大高目シリーズについて、久しぶりに更新します(^^;

大高目に、外側からかかる方法を紹介します。
私としてはこれがおすすめの入り方になります

20140803_高目1

大高目の中に入ると外からかぶされてしまうので、
それを回避した打ち方です。

黒が無難に受ければ、以下の進行が一例として考えれます。

20140803_高目2

これは小目に高ガカリして、ケイマに受けたときと同じ進行です。
簡明な変化になるので、おすすめです。

他には、黒はツケて頑張ってくるのも考えられます。

20140803_高目3

黒がハネて頑張ってきたとき、白の手筋は。。

20140803_高目4

強気に二段にハネるのが筋です!

ナナメの傷が気になりますが、Q17に打つと黒が両アタリなので
黒は受ける必要があります。

20140803_高目5

黒1と継いできたら、白2とカケツギします。
これも、白特に不満はない進行です。
(むしろ黒がアマそうです^^;)

大高目に打つ人は少ないと思いますが( ̄▽ ̄;
もし打たれたらこの外側からのカカリがみやんのお勧めです。

ブログランキング始めました。いつも応援ありがとうございます。
以下をクリックすると、ランキングが上がる仕組みになってます


人気ブログランキングへ



カウンター



プロフィール

ACみやん

Author:ACみやん
みやんです。
大学2年のときに囲碁を始めて10年くらいです。今はすっかり囲碁にはまっています。棋力は「幽玄の間」七段、碁会所では六段~七段前後です。
大会にも積極的に出ているので、その結果もブログに書きたいと思います。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。