みやん流 囲碁ブログ
みやん流の囲碁について、日記、定石研究などを書いていきます。
神奈川県アマ名人戦 本戦出場!
今日は、神奈川県のアマ名人戦の本戦に出場してきました!
会場は、反町横浜囲碁サロンです。

神奈川県のアマ名人戦で本戦に出るのは初めて。
目標はまず「一回戦突破」(^^;

本戦の参加者は62人で、8ブロックに分かれてトーナメントをして
ブロックの勝ち上がった人が最終日に進めます!

各ブロックには、県代表クラスのシード選手が一人いて、
その人に勝たないと最終日にはすすめません

一回戦目

早々に相手の大石を潰しましたが、そこから相手にも
粘られて大きな地を作られてもつれます。。

さらに自分の陣地の中でも手を作られて、ダメかとも思いましたが
最後はなんとか1目半残しました。。( ̄▽ ̄;
目標の一回戦突破!

二回戦目

なんと県代表を何度も経験しているシードの方です。

序盤で悪い形勢になって、そこからはチャンスなくそのまま
押し切られました。
うーむ。レベルが違う。。。これが県代表クラスですね(^^;

対局後に序盤で悪くなったところを少し検討していただきました。
m(_ _)m


そのあと、敗者同士でも相手を組んでくれるのが、
神奈川県の棋戦のいいところ
だと思います(^^/

敗者戦で元女流チャンピョンの人(!?)と対局しました。

細かいながらも勝ちそうでしたが、最後のヨセでミスしてしまい、
負けました(>_<)
うーん。これは勝ちたかったので悔しい。。
でもいい勉強になりました

次は、アマ本因坊戦への挑戦です。
また頑張りたいと思います


ブログランキング始めました。いつも応援ありがとうございます。
以下をクリックすると、ランキングが上がる仕組みになってます


人気ブログランキングへ

宝酒造杯 & アマ名人神奈川地区予選
みやんです(^^/

5/10(土)は、日本棋院で宝酒造杯に六段戦で参加しました!
優勝目指そうと思っていたのですが、、1回戦目ですぐ負け

途中では優勢だったのですが、ヨセで緩んで敗北。一番悔しい負け方です(-_-;
なかなか勝ちきるのは大変。。

その初戦の相手は、過去に六段戦で優勝して全国大会に行ったことがあるそう。
。。ってなんで六段戦に出てるんだ!?
どうも名人戦で勝てなくなって六段戦に出ることにしたといっていたが( ̄△ ̄;

最終的には、結果は3勝2敗の戦績でした。
うーむ。4勝はしたかったなぁ。。 悔しい結果に終わりました。
まだまだ実力不足です。


そして、
5/11(日)は神奈川県のアマ名人の地区予選にも参加!
京浜川崎クラブで予選に参加しました。

全部で11人参加しており、4人グループ2つと3人グループに分かれて
リーグ戦を戦いました!

自分は4人グループの中で戦い、2勝1敗。
負けた碁はまたしても優勢な碁を逆転負け。。
なんだろう。。最後まで勝ちきることができなくなってるなぁ

同じグループで3勝の人もいたのですが、その人は次週の本戦には
予定がつかないとのこと。なぜ参加したんだ。。!?
。。ということで、たなぼたですが
アマ名人戦の神奈川県本戦に繰り上げ出場になりました!

本当は3勝したかったので微妙な気持ちですが、次週の本戦もがんばりたいと思います!

<追伸>
なんと!
グロービス杯世界戦で一力遼七段が優勝しました!

しかも決勝は一力遼七段と許家元二段という日本同士の決戦

中国、韓国から来ている棋士はいずれもすごいメンバ。。
自分は中国の世界トップ棋士の一人、連笑が優勝候補かと思っていましたが、、
一力遼七段はその連笑を破っての決勝進出。。さすがです(^^/

おめでとうございます!


ブログランキング始めました。いつも応援ありがとうございます。
以下をクリックすると、ランキングが上がる仕組みになってます


人気ブログランキングへ



大高目・・三々入り2
 みやんです(^^/
だいぶ間が空いちゃいましたが、大高目に三々入りの変化の続きを紹介します。

大高目_三々入り6(再掲)

今回は、白2に対して黒3と上からおさえた後の変化です(^^/
この後白は、、

大高目_三々入り7

このように下にツケるのがいい手です。
ここで黒は、AとB。どちらがよいでしょうか?

まずはAから見ていきます。

大高目_三々入り8

黒がハネると白は切りを打ってきます

次に黒がAと打つと、白からBと打たれて壁が崩壊しちゃうので、、

大高目_三々入り9

黒1と突破されないように打つ必要があります。
この後は、白は黒1子をポン抜いて右辺に展開する流れになります。

これで黒も右上に地ができたように見えますが、、、
実は手残りです

大高目_三々入り10

すぐには打ちませんが、白1から隅に手をつける狙いが残ってます。
この形は無条件では殺せません(>_<)

大高目_三々入り11

黒1から攻めても、白2と打ってコウにされます。
隅に手が残ってしまうようでは、黒失敗です

。。ということで下ツケには Bと伸びるのが正解でした。

大高目_三々入り12

このあとは、以下の流れが定石となってます。

大高目_三々入り13

黒の勢力、白の実利の分かれになります!
上辺が大きければ、この後すぐにAと押さえてもいいと思います

黒は勢力を作れて先手も取れますので、
大高目に三々に入られるのはそれほど怖くはありません。

これで、大高目への三々入りの変化の紹介は終わりです☆

<追伸>
今週末の5/10に、宝酒造杯の六段戦に出場します!
優勝目指して頑張りたいと思います(^-^)/

次回は宝酒造杯の結果を報告予定です。


ブログランキング始めました。いつも応援ありがとうございます。
以下をクリックすると、ランキングが上がる仕組みになってます

人気ブログランキングへ


カウンター



プロフィール

ACみやん

Author:ACみやん
みやんです。
大学2年のときに囲碁を始めて10年くらいです。今はすっかり囲碁にはまっています。棋力は「幽玄の間」七段、碁会所では六段~七段前後です。
大会にも積極的に出ているので、その結果もブログに書きたいと思います。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する